「リノベーション」「リフォーム」「オーダーカーテン」ならヨシダインテリアにお任せください!

  • office
  • access
  • contact

0565-45-0311

WORKS施工事例

  • HOME >
  • 施工事例 >
  • 公共工事 校長室 クロス張り替え修繕

施工事例

豊田市立石野中学校

公共工事 校長室 クロス張り替え修繕

豊田市立石野中学校からの依頼。
校長室の壁紙を張り替えて欲しいとのこと。
提出用の現場写真ということもあり、ビジュアルではお伝えできない事を
箇条書きします。
 

壁紙には大きく分けると2種類あり、
ビニール壁紙とドレープ(織物)壁紙に分かれる。

ビニールクロスは現在の主流の仕上げ材。
●メリット
 ・材料単価が値打ち 
 ・色柄の種類が豊富
 ・汚れ防止などの機能性などもあり
 ・施工が安易
●デメリット
 ・チップなどの当てに対して弱い
 ・調湿性がない
 ・商品によっては化学物質の匂いがする
 ・直射日光が当る壁面は劣化が早い

ドレープクロスは以前は応接間など主流だったが
現在は特別な商品として位置づけられる。
■メリット
 ・織り柄が高級感を演出している
 ・調度品などに遜色なく空間の仕上がりが格式高くなる
 ・チップなどの当てに対して非常に強い
 ・調湿もあり、室内の調湿の役割も大きい
 
■デメリット
 ・材料単価がビニールクロスの3倍以上する
 ・施工が非常にシビアで難しい
 ・張替時に下地の状態によっては、施工不可能の場合もある
 ・布であるため、汚れが入ってしまうと取れにくい。

まとめ
ドレープはポイント貼りとして使うと効果的です。
室内全てに貼ると費用もかさみますし

家具などで隠れてしまう部分は
もったいない。
リビングや応接間の絵をかける部分だけ変えるなど、
そういった使い方が有効です。







 



 

 


 
 

お問い合わせ

contact

新着情報

イベント情報

concept

オーダーカーテン

リノベーション

リフォーム

お客様の声

About us

Yoshida interior inc

株式会社 ヨシダインテリア
〒470-0341 愛知県豊田市
上原町上原78番地

Blog

facebook

pagetop

HOME(リフォーム・リノベーションならヨシダインテリアにお任せください!)

Copyright (C) 株式会社ヨシダインテリア All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.